映画館再開。誹謗中傷のない討論会となった『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

三島由紀夫

オススメ度:★★★☆☆(3.5)
理由:そうだ。あの三島由紀夫といえば、
1970年。ちょうど大阪万博の年だった。

陸上自衛隊の市ヶ谷駐屯地で
自衛隊員にクーデターを呼びかけた後、
割腹自殺を遂げた。

その前兆たる言葉・考え方を述べた三島の辯が、
まさに「そういうことだったのか」とわかった。
だからオススメ。

“映画館再開。誹謗中傷のない討論会となった『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』” の続きを読む

「IEC 61850を適用した電力ネットワーク」の出版記念キャンペーンのご案内

こんにちは、天雨 徹です。
ようやく発刊されました。
『IEC 61850を適用した電力ネットワーク―スマートグリッドを支える変電所自動化システム―』出版記念キャンペーン案内です。

61850
“「IEC 61850を適用した電力ネットワーク」の出版記念キャンペーンのご案内” の続きを読む

このメソッドは即使える!「続けられる人だけが人生を変えられる(大平信孝著)青春出版社

土井英司さんのBBM(ビジネスブックマラソン)にも
以前紹介のあったオススメ本。
以前から読みたいと思いつつ、
あっと言う間に今日になってしまいました。

Kindleで購入して一気に読めてしまいました。

“このメソッドは即使える!「続けられる人だけが人生を変えられる(大平信孝著)青春出版社” の続きを読む

映画館で見逃した作品をようやく自宅で鑑賞「2人のローマ教皇」

ローマ教皇

オススメ度:★★★★☆(4.2)

理由:理想と現実、感情の高ぶり。
自然に涙が溢れた。

これはオススメだ。
教皇の背中は傷だらけ。
過去にいっぱい後悔がある。
二人の教皇の何気ない言動や
行動に思わず笑える。

“映画館で見逃した作品をようやく自宅で鑑賞「2人のローマ教皇」” の続きを読む

バリの兄貴オススメ!こんな時だからこそ鑑賞する作品「FLU 運命の36時間」

映画館に行けない、というよりも
公開延長と閉館では…。
やむを得ず”Amazon Video”で鑑賞しかない。
鑑賞したのは2013年の韓国作品。
「FLU 運命の36時間」

オススメ度:★★★☆☆(3.2)
理由:折しも新型コロナウィルス…。
この作品は、突然巻き起こった感染症の
恐怖を描いている。
新型鳥インフルエンザの猛威。

“バリの兄貴オススメ!こんな時だからこそ鑑賞する作品「FLU 運命の36時間」” の続きを読む

泣けた!カルキン君、ホイットニーやマリア・カラスと重なった「ジュディ 虹の彼方に」

ジュディ

オススメ度:★★★★☆(3.8)
理由:伝記映画そのまま、その人の丸っと人生だ。
アル中と薬物中毒で舞台裏はボロボロ。
舞台に立つこと、怖さや苦しさ、
でも拍手喝采を浴びた時の快感。
それが忘れられない。
矛盾の中で生きている。

本人が亡くなる半年前のロンドン
長期公演の日々。
40代後半で亡くなったジュディ・ガーランド。
演じたのはレネー・ゼルウィガー。
全ての歌唱シーンが吹き替えなし。
そりゃアカデミー賞になるはずだ。
ジュディといえば、
「オズの魔法使い」の子役で一躍スターに。
なんだか、
ホームアローンのマコーレー・カルキンといい、
必ずしも幼いころの成功が
大人になっても続くとは限らない。

“泣けた!カルキン君、ホイットニーやマリア・カラスと重なった「ジュディ 虹の彼方に」” の続きを読む

トンデモナイ悪に憧れる気持ち…わかる気がする「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」

オススメ度:★★★☆☆(3.5)
理由:これぞエンタメ。
とにかく面白い。
水戸黄門的な勧善懲悪で
スッキリする作品。

とにかくいい、ハーレイ・クイン。
私は共感を覚える。あのノーテンキな振る舞い。
一度壊れると自由奔放になるのか。
解放されるのか。父親のこと。
心理学を学んだこと。
彼女の元々の姿を知りたくなる。

“トンデモナイ悪に憧れる気持ち…わかる気がする「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」” の続きを読む

医療の現実・看取るターミナル・ケアのあり方を考えさせられる作品「山中静夫氏の尊厳死」

山中静夫氏の尊厳死

作は現役医師の南木佳士氏の
同名小説の作品である。

命の儚さと、
その逆に生命の尊さ。
重さを感じざるを得ない。

それぞれの人にとっての尊厳死。
だから、個人の山中静夫氏の死に方に
意味がある。
死ぬことができるのは、
山中静夫氏だけなのだ。

個人の意見を尊重する。
個性があるように死に方も
まさに生き方なんだから。

“医療の現実・看取るターミナル・ケアのあり方を考えさせられる作品「山中静夫氏の尊厳死」” の続きを読む

夏至祭「ミッドサマー」それは紛れもなくお祭りなんかじゃない!儀式の始まりだ!

ミッドサマー1

オススメ度:★★★☆☆(3.8)
理由:これは祭典ではない。
閉ざされた世界に
新しい流れを入れる紛れもない90年に
一度の「祝祭」なんだ。
ホラーではあるが、その恐怖というのが
表面的ではない。心底ぞっーとする。
だから逆に、そんなに怖くはない。
異次元の世界が味わえます。

“夏至祭「ミッドサマー」それは紛れもなくお祭りなんかじゃない!儀式の始まりだ!” の続きを読む

見事にシリア内戦「アレッポの戦い」の酷さが描かれたドキュメンタリー作品!

「娘は戦場で生まれた」
この作品は2012年から2016年の
4年間にも及ぶ戦闘だ。

アレッポでの出来事を
結婚して2児の母となった
ワアド・アル=カデブ自身が
つぶさに記録したものだ。

“見事にシリア内戦「アレッポの戦い」の酷さが描かれたドキュメンタリー作品!” の続きを読む