奥が深い作品「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」

ドン・キホーテ

オススメ度:★★☆☆☆
理由:自分と重ねて見ると、
その後ろ姿にちょっとくるものがある。
どうとでもとれる作品だけに、
その自身の捉え方の変化を楽しむのも
良いかも知れませんね。そんな人にオススメ。

何も知らずに観たファンタジー・アドベンチャー・コメディ作品。

“奥が深い作品「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」” の続きを読む

なぜ、あんなクズと結婚したのか?疑問も残った映画「ラストレター」

ラストレター

オススメ度:★★★☆☆
理由:映画らしい映画です。映画でないと描けない作品です。
本当は大切にしたかった、手に入れたかった、
一緒に暮らしたかった。結局はその願いも叶わなかった人。
そんな人が雑に扱われていたと聴くと…。切ない。
切ないけど、美しい景色で救われる。最後に残る希望にかけたい。
そんな経験のある人にはオススメです。

“なぜ、あんなクズと結婚したのか?疑問も残った映画「ラストレター」” の続きを読む

他力本願がちょっと気になった作品「キャッツ」

CATS1

オススメ度:★★★☆☆
理由:歌は共感する。テイラーとハドソンの歌、
特にハドソンのメモリーは泣ける。共感した。

勧善懲悪、ご存知悪役がいて善良が居る、水戸黄門的な作品。

猫も群れるんだ。月夜とは神秘的で夢がある。
選ばれた、たった一匹だけが輪廻転生する…。
選ばれた人が天に行ける。

それがなんだか、他力本願のような気もする。

斜に構えて観ているから、そう見えたか?

いつもなら、こうした作品は苔落とすところだが、
そういう展開だとは、わかっているけど、
ちょっと違っていた。
泣ける箇所があった。

“他力本願がちょっと気になった作品「キャッツ」” の続きを読む

最後はエンドロールで号泣。ブラック・ジョークやユーモアが多彩なコメディ作品「ジョジョ・ラビット」

ジョジョ・ラビット

ラストシーン…ドイツ敗戦。そんな中でも、そんな悲しい中でも、
それでも、ほんの少しの希望はある…。何があるか?
それはこれからのこと、わからない。
ラストシーン…。ホント凄いな。
そう思いえる作品でした。

“最後はエンドロールで号泣。ブラック・ジョークやユーモアが多彩なコメディ作品「ジョジョ・ラビット」” の続きを読む

以外にもなかなか良かったコメディ作品「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」

ロングショット

オススメ度:★★★☆☆
理由:初心貫徹。子どもの頃に描いていた社会が大人になると中庸になり、気づけば骨抜きになることがある。人は周囲の人によって影響される。いい人を周辺に置く必要がある。人に影響を与える人。その意味を知ることもできる。涙も笑いもあって、考えさせられることも多い。エンドロールのころには、スッキリして心地よい感覚を得たい人には、とってもオススメの作品です。

“以外にもなかなか良かったコメディ作品「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」” の続きを読む

わずか一時ではあるが、米車が欧州車を負かせた時代があった「フォードvsフェラーリ」

フォードvsフェラーリ

ル・マン24時間耐久レースでの実話をもとにした作品である。
あの名車、車高がわずか40インチの「フォード・GT40」。
スクーデリア・フェラーリを買収できなかったフォード。
その実話に基づいている。

“わずか一時ではあるが、米車が欧州車を負かせた時代があった「フォードvsフェラーリ」” の続きを読む

「万引き家族」の数倍オススメ「パラサイト 半地下の家族」

パラサイト1

これは凄い作品だった。いや、トンデモナイ作品。
こういったいい作品を観ると、
対価として支払うのは同じなのに…
って思ってしまう作品の数々に時には、
「観る時間の無駄」を感じざるを得ないこともある。

あの、まあまあの「残念感」が半端ないと感じてしまうのだ。
だからこそ、この作品が、それを感じさせるほど、
ホントいい作品だと思う。

面白すぎる。
凄すぎる。

“「万引き家族」の数倍オススメ「パラサイト 半地下の家族」” の続きを読む

ライブ作品ではなく映画作品として観ても2500円は対価に合わないかな「尾崎豊を探して」

尾崎豊1

この作品は、おそらく何故、彼が「死ぬほど」疲れていたのか。
そして、そこまで「頑張る」必要があったのか。
人は成功した時、どんなことを目標にしていきていくべきか。
抑えるところと暴走するところはどこなのか。何を制限すべきか。
すべてを全力疾走では、たとえ止まることがないマグロでも、死んでしまう。

どうして、彼を助けられなかったのか。
今から思えば、何かやるせない感覚が残ります。

“ライブ作品ではなく映画作品として観ても2500円は対価に合わないかな「尾崎豊を探して」” の続きを読む