美しくも残酷に映画化したダークファンタジー「ほんとうのピノッキオ」

ピノッキオ(1)

オススメ度:★★★★★(4.5)
理由;原作に忠実に作られた
作品らしい.
だからこそ感動も大きい,
劇場でこんな作品に
出会えて良かった.
ほぼ満席だった.

あの特殊メイク,
ピノッキオの完成度が
半端ない.涙も笑いもある
優れた作品だ.
2019年のイタリアの
ファンタジー映画.
アカデミー賞に
衣装やメイクの2部門に
ノミネートされただけに,
高く評価された作品.
ようやく見ることが出来きて
嬉しい.

“美しくも残酷に映画化したダークファンタジー「ほんとうのピノッキオ」” の続きを読む

まさに壮大な序章というに相応しい期待したい作品「DUNE/デューン 砂の惑星」

砂の惑星

オススメ度:★★★★☆(3.8)
理由:これは期待できそう.
そんな予感.
大作になることを
期待して止まない.

原作はフランク・ハーバートの
1965年のSF大河小説
『デューン砂の惑星』.
この書籍が
スターウォーズの
世界観の一部に
少なからず影響を与えたらしい.

“まさに壮大な序章というに相応しい期待したい作品「DUNE/デューン 砂の惑星」” の続きを読む

土方の真っ直ぐな生き方をどう観るか『燃えよ剣』

燃えよ剣

オススメ度:★★★☆☆(3.4)
理由;長編歴史小説を
すべて見せるには難しい.
原作を忠実に再現しては
時間が足りない.後半は駆け足になる.
ダイジェスト版になってしまうのは
致し方ありません.
小説を先に読んでから,
その映像を劇場で再確認する観方が
合っている気もします.

“土方の真っ直ぐな生き方をどう観るか『燃えよ剣』” の続きを読む

ライトボディの感覚その味わいが心地よい「そして、バトンは渡された」

そして,バトンは渡された

オススメ度:★★★★☆(4.2)
理由:現実はそんなに甘くない…
だからこそ,そうした作品を
味わう寛容さが必要だ.
作品の中に随所に隠されたもの,
不安や自身のどうしようもない感情と
どう対峙していくか.
軽いタッチの作品の中に
隠されたものを感じとる
自身の感性が試されている.

“ライトボディの感覚その味わいが心地よい「そして、バトンは渡された」” の続きを読む