2010年の映画「告白」観ました。

映画「告白」

湊かなえのベストセラー小説の映画化です。
これホラーではなくて、ミステリー映画なのか、それともエンタメ映画に当たるのかな。とても過激な内容でした。それでいて考えさせられる内容。

松たか子演ずる森口悠子。人は大切な人を失うとここまで出来るものなのか。彼女はは中学教師。そしてシングルマザーである。彼女には一人愛娘「愛美」がいる。その愛美を何と自分の担任するクラスの生徒に殺されたのだ。
彼女の復讐が始まる。その綿密に計画された復讐が粛々と実行されていく。犯罪を犯した中学生もバレた後まで計算済み。それは中学生の少年犯罪は少年法で保護されているということ。

この作品は家庭内暴力、学内のイジメ。母性へのトラウマ。コンプレクス。様々のエッセンスが散りばめたられている。
一体、「命」とは何なんだろう。

作品は、先生の告白から始まります…。

「愛美は死にました。このクラスの生徒に殺されたのです」最初に先生が告白する。続いて、級友、犯人。犯人の母親…。

集団心理、そしてそれを許す人に宿る悪魔。悪魔は集団の中にこそ存在するものなのかも知れません。そうしたドロドロした内容が知らずしらすに引き込まれるのかな。

日頃、ワイドショーや3面記事に踊らさせていて、つくづく人は、「無知」ということが原因でパニックに知れませんね。そして、そんなパニック、つまり過剰な反応がさらに冷静な判断を失わせるのかも知れません。
集団とは、その他大勢。大勢に群れると安堵するのは何故んだろうか。
軽はずみな行動や思いつの発言、連鎖反応。怖さとはなんだろうか。

気づけば自分も自身の行動や言動、その意味すら知らずに使っている。そんな自分がいる。
無責任いや無自覚が引き起こす結果の代償は、余りに大きすぎる。

この作品は、あまりに過激で、それで不気味ときている。実際にはあり得ない設定ではあると思うが、とても考えさせられる深い作品だと思う。

本当に教師というものは、森口先生のように、実に恐ろしいぐらい身をもって教えていく。それが真の教育かも知れませんね。異常の世界を垣間見る。これも映画の魅力なんだな。たぶん。
「告白」文庫本

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。