『シェイプ・オブ・ウォーター』(The Shape of Water)観ました

シェイプ・オブ・ウォーター

イライザ役のサリー・ホーキンスがいい。スタイルもいい。41歳とは思えません。

感情を込めた手話。絶妙の演技。

盗作疑惑といわれている点もありましたが、とにかく、それを差っ引いても楽しめる映画だと思います。

この映画、一つ目は、人種差別という次元を超えてます(笑)。心が大事。

肌の色といった次元を遥かに超越してます。両生類なのか魚類なのか、哺乳類なのか…。分類すると哺乳類だとは思います。

言葉が通じなくても、いや、言葉が無くても、語れなくっても通じ合う。外見ではなく心。中身が大事。あらためて、新鮮な気持ちになりました。

二つ目、摩訶不思議さ。神秘さ。怪しさ。スピリチュアルさ。ご縁とか、運とか、通じ合うとか、超能力とかいったものはあるのかもわかりません。

三つ目、周りの人が暖かい。

四つ目、とにかく映像が綺麗だった。

五つ目、音楽がいい。

とにかく楽しめる映画です。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。