末期がんによる死の宣告、その後人はどう生きていくのかジョニー・ディップ主演の日本未公開作「The Professor」

JAL Professor


ジョニー・ディップ演ずる末期がんの大学教授の生き様。
迫りくる死に対して、人は残りの人生をどう生きていくのか。
死と直面しているのは、本当は誰でも共通だ。
明日があるという保障は無い。
ある日死の宣告を受けたとしたら…。
そんな時に人は、
大満足して「死」というものを向かえることができるのだろうか。
いや、せめて満足しなくてもいい、気を張って生きなくてもいい。
気楽にむしろ「死」を意識しないで生きていきたい。
そうした普段どおりの生き方がしたい。
そんな生き方で良いのかも知れない。

人の人生ではない。自分自身の人生なのだ。
恋愛とは何なのか。
「愛というのは結末ではなくて、お互いに理解しようとする過程なのだ」と。
そして家族の愛とは何なのだろうか。親子間または夫婦間。友人間。様々な人間関係。

「何でこの俺が癌になるんだ、クソ!」
そう思いながら、「やりたいことを我慢しないで生きていく姿勢」を見せていく。
それでいて粋がらない。自由に生きているように見えるが、実は物凄く寂しいのが現実なんだ。

しかし、正直に生きようとすればするほど、自身の理想との葛藤が広がっていく。
そして死への恐怖が本当はつきまとうのだ。
そんな中にあって本気で心配してくれる親友の存在は大きい。
そんな姿を見ると胸がジーンなる。
見ているこちらも共感するところが多いからだろう。

そんな周囲の環境に中にあって、残りの人生で新しい発見ができるのか。
生きる意味って本当は何なのか。それを学生に教えていく。
それは単に「大事に生きよ、大切に生きよ」ということではない。
自分なりに意味のある人生とは何か。
生きていく上で大切なものとは何だろうか。
「聴きたくない奴は教室から出ていけ!単位はやるから」
そして自分らしい授業をやる。自分らしくだ。
マリファナ、セックス、飲酒。したいことをする。
ちょっとヤリ過ぎかもとも思うが、それもアリかも知れません。
授業のシーンはもう少し、深く、そして教授の授業を沢山再現してほしかった。
何を教え子に教えていくか、その名言の数々がもっとあるはずだ。
そう考えると少し物足りない気もする。

人は最後には、人の心の友というのはペットが一番なのか。

この作品は死を目の前にした教授の生き方、姿勢。
これは普通のお涙頂戴物のメロドラマとは違う作品なのだ。

人は死を知ると、人らしく生きることが難しいのかかも知れない。
オススメ度:★★★☆☆
理由:感動とか共感が多くある作品ではない。でも死と向き合ったら、現実はこんな感じなのかも知れないと思う。そんね現実に近い作品に仕上がっている。格好の悪いジョニー・ディップが、それがまた絵になるのだ。ジョニー・ディップがますます好きになると思う。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。