あの「ビートルズ」がこの世の中にない「イエスタデイ」そんな偽りの世界で楽しいのか

イエスタディ1

この作品は、鑑賞している我々自身がどう感じるのか。
それを試されている。
本来の能力以上に評価されて、本当に嬉しいのか。
それで得た名声や地位。
Umm考えさせられます。
「何のために」と「そのために」
何のために、そのために何をするかだ。

ビートルズ好きな人には、あの名曲が聞けるので、
それだけでも楽しめる。そこは共感できる!
そして、エド・シーランが本人役で出演している。
それもまた大きな魅力でもある。脚本も面白い。

しかしながら、
「もしも…」シリーズ作品。他力本願。

ビートルズが存在した事実も、あの名曲すらも誰もが覚えていない。
唯一知っているのは私だけ…そんな世界が存在したとしたら。
自分以外に他の誰一人として、その記憶からビートルズが消え去った世界。
そんな世界にタイムスリップしたら。
彼は、そんな中に飛び込んだ。
鳴かず飛ばずの売れないシンガー・ソングライター。
彼が唯一、ビートルズを知っている存在なのだ。
もしも自分がそうだとしたら。
そうだとしたら、人は変わっていくのか。
ならば、どうなっていくのか。
盗作して、それを自分が作った曲として世に出したとしたら。
富と名声をえる可能性がある。

皆の記憶から消えている「ビートルズ」の曲なんかに頼らないで、
自分で何とかしてほしい。そう思えてしまう。
後々、ゴメンナサイって言うなら尚更だ。

それなら最初から手を汚さない。
そうした選択肢はないものか。
であるならば、この作品すらも存在しなくなるかも知れませんね。

他人の作った曲に頼っている時点で自らの人生は終了だ。
自分の人生を歩んでほしいものだ。

万一、それに気づいた時に、どうすればいいのか?
嘘を「それは嘘です」と、はっきり言えること。
引き際、散り際も大事なんだ。
自分で頑張ろう!そんなことを
ついつい思ってしまった。

苦悩の世界において、つい選択してしまう道。
弱い自分もそうした選択をしてしまう気持ちも解る。

偽りの世界。

そうした見方や、考えをするのであれば、
この作品も生きてくるのではないか。
観た価値が高まるようにも思える。
確かに、パロディあり、コメディありで面白い。
そんな中にあって、考えさせられる作品。
味方によっては奥が深い。

オススメ度:★★☆☆☆
理由:ビートルズ、
鑑賞後についつい鼻歌を思わず口ずさみながら、
帰りたくなる。あるいはCDを聴きたくなる。
ラブストーリもあり、最後はハッピーエンドなので、
安心して鑑賞できる。
後は、他力本願をどう考えるか?
考えさせられる作品だと思う。

イエスタディ2

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。