ブラックパンサー観ました

ブラックパンザー、さすがはマーベル・コミック。面白い。多少の矛盾点は大目にみましょう。

あれだけの文明があれば、助けられるのではないか?とか、色々。

アフリカの中央に位置するウガンダ。ではなくて、ワカンダ。

これが凄く高度な科学技術先進国。瀕死の重傷な患者も一瞬にして直してしまう高度技術。

希少鉱石ヴィブラニウムは、月にある「ヘリウム・スリー」を想像させますね。色々技術的に大変な点もありますが、イメージは似ています。

父と息子、部族同士のしのぎ合い、個人主義とグローバル主義。人種差別。愛国心。死の商人。

実は色々複雑に絡み合っていると思います。それがマーベル・コミックなんだなぁと思います。

あっちを立てるとこっちが立たない。共存することの難しさ。

ブラックパンサー、考えてみれば、それなりに味がある映画たど、感じました。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。