「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」観ました

「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」は、実話が基になっている。

ビッグ・シック

その本人のクメイル・ナンジアニが、演じているから、それがまたいい。

妻になるエミリー役のゾーイ・カザンもいい。

様々なことを乗り越えて、結婚を遂げるその過程がいい。

短い上映時間の中で表現できることは限られる。その中で、凝縮されて表現されていると思います。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」も奇病でした。このエミリーも同じような奇病だった。けなげに通うクメイルに同情してしまう。

人種差別といえば、「はじめてのおもてなし」や「ブラックパンサー」「デトロイト」「スリー・ビルボード」はアフリカの人に対しての差別。

“The Greatest Showman”は貴族階級との差別。

「シェイプ・オブ・ウォーター」は人でない半魚人との差別。

「ビッグ・シック」はパキスタンの人に対してパッキーと呼んで差別する宗教も入った差別。

そんな中にあって、笑いあり、泣けるシーンもあり、魂が揺さぶられる。

良い映画でした。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。