後味爽快、スッキリ気分の「チャーリーズ・エンジェル」

チャーリーズ(1)

オススメ度:★★☆☆☆
理由:ボスレーという言葉の響きに懐かしさがこみ上げる。
スカッと爽やか。アクションも楽しめます。
スッキリしたい。そしてお色気もある。
駄目悪男をギャフンと言わせる。観ていて気持ちいい。
スキッとしたい人にはオススメです。

現実で疲れた心身を元気にしてくれる作品です。
ただ、私自身、機内で観たため、
本当の意味で作品の良さがわかっていません。
おそらく映画館で観たら、もっとアクションシーンも
迫力もあるし、音響効果も期待できたと思います。
そうした意味では★★★星3つかな。
単純でいて、ちょっとした工夫がいい。
細かいことをいうと切りがない。
掘り下げずに受け入れるということも、
こうした作品を観る上ではっ必要なことだと思います。

チャーリーズ(2)

まさに勧善懲悪、水戸黄門的作品。
それでいてストーリーは少しは凝っているので、
単に「この印籠が見えんのか~」的な単純な作品内容では有りません。

ただ、犯人の動機が、そんな抽象的な動機?って、
今ひとつ具体的でないのかと引っかかります。
しかしまあ、それは愛嬌ということでもいいように思います。
そこまで求めると、それこそ、星が4つになってしまいますから。
娯楽映画ということでいいかと。(笑)

思えば、70年代。
確か土曜のお昼過ぎだったかな?よくテレビ観てました。
『チャーリーズ・エンジェル』(笑)
ファラ・フォーセット、
ジャクリーン・スミス、
ケイト・ジャクソン
でした。
それ以来です。機内でなければ、
これもまた、映画館で観ることはなかったでしょう。
メグ・ライアンの時代は、もう観てませんね…。

これまで映画化されたのは、2作品だそうで、
今回初めての機内鑑賞。
映画版(’00と’03)の続編とのことです。
それなら、前作2作も確認したくなりました。

男性は無いものを求めるのか。
強くて、美しい。
そしてもうひとつのキーワード。
それはスマート。賢い女性達に憧れます。

3人の個性あるキャラがいいです。
お色気だけでなくて、
茶目っ気たっぷりの笑顔も癒やされます。
(そんなことを言うと、張り倒されそうですが)
クリステンスチュワート演じるサビーナ
ジェーン・カノ演じるエラ・バリンスカ
エレーナ・ハフリン演じるナオミ・スコット
やっぱり3人はエンジェルですね。

悪いのは男性。その悪男をやっつける。
ストーリーはわかりやすくて楽しめます。

作品の最後にはオマケのように友情出演。これも嬉しい。

サントラもちょっとわざとらしいんですが、
それでもポジティブになります。
元気になるために、ネタはわかっていても、
スッキリするため、自分のご褒美のために、
ちょっと寛いで映画館で観る必要もありそうです。

チャーリーズ(3)

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。