邦題は「スキャンダル」原題の「ボムシェル 」のままで良かったと思う話題作

スキャンダル1

オススメ度:★★★☆☆
理由;セクハラには腹が立つけど、
ひょっとして自分にもそんなことが起きるかも知れないと
思えるところに、面白みがある。また女性同士で競い合う風土。
キャリアチェンジをしたい。そのためにどこまで許せるのか。
考えさせられる作品です。働く女性も男性も必見の作品ではないでしょうか。

スキャンダル2

セクハラで辞任したFOXニュースの
初代CEOを務めたロジャー・エイルズ。
実話を元にしているだけに怖い作品でもある。
米国のジェンダー、そしてトランスジェンダーも相まって
それを垣間見る実に生々しい作品でもある。
実話を元にした作品だけに
すべてがスッキリしたわけでもなく、
モヤモヤが残るあたりが
今の米国を象徴する…そんな作品だと思います。

FOXニュースといえば、あのCNNを抜いて
視聴者数トップ企業だけに裏にはいろいろあったのかな。

メーガン・ケリー役のシャーリーズ・セロン
ケイラ・ポシュピシル役のマーゴット・ロビー
ともにアカデミー賞の主演・助演女優賞にノミネート。
カッコいい女性。というか綺麗な知的な女性。
憧れますね。

偶然にもエレベータで遭遇する3人の美女のシーンは
予告CMでも流れています。
シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの3人。
40代。50代。間もなく30代の3人だ。
それにしても美し過ぎる。

アカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞を
受賞した作品だけのことはある。

それにしても権力に託つけて、迫るセクハラ。
まさに光と影。
何が平等で公平なニュースなんだか
わからなくなるような闇である。

「代償をもらったんだからいいじゃないか」
そんなことを語る解説者もいる。
あえて反論はしませんが、只々私は呆れます。

政治家が真顔で女性ニュースキャスターに
ムキになるシーンがあったけど、日本ではあるかというと
内容に思う。そうした体当たりの精神が凄い。
(良いか悪いかは別にして…)
用意周到に準備して訴えるキャスター。
まさに崖から飛び込むようなものだ。
果たして味方がつく女性がいるのか、
みんな否定に回るのか、賭けにしても、
しっかりと準備は必要なのだ。

セクハラ風発言を許す雰囲気もいけないし、
権力を傘に好き放題が許されるわけがないのに、
それを数十年も許していたのだから。

この作品を観るなら、
まずはFOXニュースの事前勉強をした方が
良いかも知れません。

キャリアがほしい。成功を勝ち取るために
迷うこともあるのかも知れません。
求める強いければ、強いほど悩んでしまう。
わかるかわる。

セリフのテンポが凄く良くて、
ネイティブならもっと愉しめたのかも知れません。

ひょっとして、相手が不快に思っているかもある。
こちらは気づかずに語っているのに受け手の女性の方は
作り笑いで流そうとするしかないような場面。
ゾッとしました。
ひょっとしてロジャー・エイルズのことを笑えないかも。
気づかずにセクハラ、パワハラをしているかもしれないと思った次第。
行きすぎたフェミニズムを肯定する気もありませんが、
自戒も必要で、その微妙なバランスが必要ではないかと。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。