MX4Dで観る迫力に圧巻「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」

エヴァ_破

オススメ度:★★★★☆(4.0)
理由:「序」から「破」へ.
まさにTVアニメを
踏襲しない新ストーリー,
そして,MX4Dの迫力.
これほど劇場で観たほうが
愉しめると思ったことはない.

集中して大スクリーンでの
迫力に加えてMX4D.
これまでMX4Dは実写作品で
鑑賞した,
今回ほど感激した4Dが
凄いと感じたことはない.
これはアニメの方が
返って臨場感溢れる
感覚があるのではないか.
癖になりそうだ.

観終えて,「やられた」と
感じた.まさに型破り,
TVアニメの上塗りと
思っていたが甘かった.
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(第1作)
に引き続き.本作は「破」(第2作)
前回の反省を踏まえ,
MX4Dで鑑賞して本当に良かった..

TVアニメでは「序」が
第6話の「ヤシマ作戦」まで.
「破」は第8話から第19話まで
ということだが,
全くTVアニメとは違う点.
さすが天才・奇才の庵野監督
だけに,まさに内容が「破」だ.
いきなり初っ端から
エヴァ仮設5号機が登場.
パイロットは新たな登場人物
「真希波・マリ・イラストリアス」
「式波・アスカ・ラングレー」は
死んだかと思ったが,
そうでなくてホッとした.
そしてエヴァ初号機.
定番の5分間のカラータイマ
制限を経て電源を消失.
その後,シンジの綾波に
対する強い意志から
疑似シン化第1覚醒形態
になり,第10使徒を
倒して綾波を救い出す.

さらに初号機は
疑似シン化第2形態
に変体していく.

そしてエヴァ・マーク6の
パイロット渚カヲルの登場だ.

エヴァはシンジの覚醒に
より進化していく.

ホント,序と破では,
全く違う.

ゼーレと
碇司令によって
作られたシナリオ.
そこに欠かせないのが
選ばれた中学生.

綾波レイが碇親子の
仲を取り持つ会を計画.
アスカの傲慢なところと,
その天の邪鬼のような
ところ,そして優しさ.

英語やロシア語.
字幕まで用意するあたりが
素晴らしい.
世界中にネルフの支部が
あることが,まさに肌で感じる
ことができる仕込み.

「綾波を…返せ!」

そして流れる
「翼をください」のメロディ.
シームレスに宇多田ヒカルの
エンディング曲へと繋いで
そして,エンドロールへ.
そのあたりの演出も旨すぎる.

心理描写といえば,
シンジが毎日作ってくれる弁当.
毎日食べると,
気持ちに変化が現れるのだろう.
人は所詮孤独.
個人の力を信じていたアスカ.
それが逆に馬鹿シンジに
惹かれていく場面.
だからこそ,綾波レイへの
嫉妬もあり,
そのあたりの気持のやりとり.

墓参りでは掟親子の関係
を垣間見られた.
素直にありがとうと言う
息子シンジ.それに呼応する父.

まさに
マスターピース,「傑作」
アニメである.

投稿者プロフィール

天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」著者に「IEC 61850を適用した電力ネットワーク- スマートグリッドを支える変電所自動化システム -」がある.ブログは映画感想を中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。