2018.3.30_伏見ミリオン座で「ウィンストン・チャーチル~ヒトラーから世界を救った男~」(DARKEST HOUR)観ました

なるほどと、納得できる映画です。

首相就任からダンケルクまでのわずか27日間を描いた映画ですが、内容が濃い。没後に公開された閣議記録を元にしただけに面白い。

チャーチルが、ヒトラーとの和平交渉か、それとも徹底抗戦か、究極の選択、劣勢の中迷っている様子。悩んでいる姿も良く描かれています。心の動き、葛藤。

ダンケルクの危機にとったチャーチルの行動、ダイナモ作戦。

カレーの部隊が犠牲になったシーンも短い時間に表現されていて、歴史的にも観る価値がある。

実話を元にした映画はやはり違いますね。

ゲイリーオールドマンは、さすがにすごい。

朝からスコッチを飲んだり、風呂でもミーティングをするといった変わり者。

その隣で秘書役のリリージェームスのタイプを叩く音がまたいい。

奥さん役は、イングリッシュ・ペイシェントで不倫役を演じたあのクリスティン・スコット・トーマス。今から約20年前の映画で、あの時と変わらない美しさ。

そして…、

なんといっても、地下鉄の国民とのチャーチルとの対話シーン。泣けます。

そこには国民の声を代弁するチャーチルがある。

演説も凄い。打たれます。琴線に触れる「言葉」を、それは「言霊」での演説。

「言葉」が「魂」を持っている。「霊」を持っている。国民の声。

暗い時間を乗り越えた国民。

まさに…
成功も失敗もゴールではない。最も大事なのは続ける勇気なんだ。

Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。