伏見ミリオン座で「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」観ました

大事なものを奪った以上、その代償はいただく。
「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」

鹿

何とも言えないモヤモヤ感。何が起きているのか?そして、観客をどこに連れて行ってくれるのか?あのゾーッとする音楽と不気味さ。

「聖なる鹿殺し」…。これはギリシャ神話の一説の、アルテミスに捧げる鹿を射た後に、俺はアルテミスを同等の腕前だ!などといって、アルテミスの怒りを買ったアガメムノンの話。

アガメムノンは、ギリシャ神話で最も有名な英雄のひとりでもあります。

異説もありますが、
アガメムノンが娘のイピゲネイアをアルテミスへ生贄に捧げたら、その怒りが静まる。
アガメムノンは、それは父親としてはできないと拒みましたが、弟に説得されて、結局は生贄に捧げてしまった…。という話。

この映画タイトルは、監督のヨルゴス・ランティモスがギリシャ出身だから、ということなのかも知れません。

それにしても、ニコール・キッドマンは、いつまでも若くて美しいかった。

悶々とする、この感覚。

不気味な感覚。普段味わえない感覚で、こういった感じも必要な感性かと思います。

 

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。