2018.4.19_伏見ミリオン座「女は二度決断する」観ました。

今年は実話を元にした映画の鑑賞が多い。
ドイツ映画です。
クルド系の夫と最愛の息子をネオナチによるテロで失った女性がとった行動とは。
映画二度決断する家族を一瞬にして失った…。
あの時、こうしておけば、もう一言声を掛けておけば、様々な思い出。
両親、友達。
被害者にもかかわらず、警察でも法廷でも、事件に関係なさそうな事を蒸し返される。
義母の何気ない一言がグサグサ刺さる。
親身になっている友人ですら避けたくなる。
つらい女性の役をダイアン・クルーガーがいい演技しています。

法廷での戦いは、「疑わしきは罰せず」
「正義を重んぜよ」とはいえ、余りに理不尽な判決。

最後は、「徹底を期せよ」とはいえ、衝撃の結末。やり切れませんね。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。