2018.4.24_伏見ミリオン座で『ラブレス』観ました。

ロシア映画です。アカデミー賞外国語映画賞出品作。

LOVELESS
愛とは何か。

好きあって結ばれた二人が、いつの間にか、お互いを罵り合い、互いに相手に矢を刺し合う。
そして、夫も妻も、お互いに、別のパートナーが存在する。
そんな二人の間には、12歳の息子が居る。
しかし、どちらも、その子を引き取ろうともしない。
新しいパートナーには邪魔なだけなのだ。

そんな二人の喧嘩を聞き、声を殺して泣く息子。

いたたまれなくなって、そして、とうとう失踪してしまう息子。

二人は息子の消息を案じながらも、二人の関係が戻ることもない。
一度こぼれた水は二度と盆の上に戻ることはない。
まさに「覆水盆に返らず」である。

そして、失踪した息子。

壊れた二人の関係、家族愛。

苦しい人間模様がよく描かれている作品だと思いました。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。