紛争のない生活を「ベルファスト」

Belfast

オススメ度:★★★★☆(4.0)
理由:プロテスタントの
武装集団がカトリック住民を襲う.
世界では宗教や人種対立が収まらない.
悲しむべき世界の紛争.
大人の事情で翻弄される選択.
それを子どもの視点より描いた作品

民族差別のユーゴスラビア.
そして70年代の北アイルランド紛争
本作品はモノクロの映像が
さらに迫力を増す.
しかし劇中の映画や舞台だけは
カラーとする手の凝り様だ.
スタートレック,
サンダーバード,007….

ケネス・ブラナー監督の
幼少時代の思い出.
ベルファスト動乱.

昨日まで
ご近所だった
住民同士が
分断されて暴力と
隣り合わせになる.
こんな悲劇.

兄弟,両親や祖父母.
主人公の家族は
差別する側の
プロテスタント.だ,
しかし,家族は
そうした差別する側の
人を決して軽蔑したり
手を貸さない姿勢を
貫くのだ.
そのせいで父親は
窮地に追い込まる.
それでも
ベルファストで
生きている
そんな家族の選択は
紆余曲折するのだ.

そして最後には
この思い出のいっぱい
詰まった街を,
慣れたベルファストを離れる.
ロンドンへと移り住むことに.

友達やガールフレンド,
そして大好きな祖父母をも
残しての旅立ちだ.

一体,
どうして…争うのか.
差別が発生する
メカニズムとは何だろう?

無邪気に戯れる
近所の子どもたち.
しかし大人たちは差別と
欲望凝り固まった
争いごとに手を染めていく.

故郷を離れたくない
主人公の愚直な心が胸に刺さる.

投稿者プロフィール

天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」著者に「IEC 61850を適用した電力ネットワーク- スマートグリッドを支える変電所自動化システム -」がある.ブログは映画感想を中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。
PAGE TOP