雨を100%降らせる雨乞師とは。その存在が…明らかになる?

雨乞梅雨の時期。6月も後も数日。7月になると慌ただしい。いよいよ、夏本番間近。

新しいことをはじめるには、勇気と向き合い、もう一歩前に出ることが必要ですね。
何かにチャレンジするということは、とても労力を使う。心身ともに疲れる。でも心地よい。どっちなのかよく判らなくなります。
そして、時間とお金、投資が伴う。
その投資のリターンはいつなのか?本当に生かされることがあるのかどうか?

そんなことを考えると、
「雨を100%降らせる雨乞師」のことを思い出します。

確実に100%雨を降らせるこの雨乞師。雨が降るまで、雨乞をするというオチなんですが、できるまでやるということは、相当根気がいることのようです。
時間の無駄にせず、良い師匠から良い練習をやり続けることが、よい結果を早期に実現する近道なんでしょうね。

まだまだ、道のりは長そうですが、バッティングセンターに通いつつ、良いコーチの元に練習することが、当面の課題です。これこそ、

「自分に矢を刺す」

ということかも知れません。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。