『万引き家族』それぞれが思う価値観、それぞれが理屈として持っている正当な理由。

万引き

それは人により違う。そして、その価値観や正当な理由は、時に他人を傷つけてしまう。あれは誘拐なのか?
『産んだからって母親なんですか?』その言葉が強くそして重くのしかかる。
『教えることが俺にはこれ(万引き)しかないから。』だから子どもに万引を教える。
純粋な愛ではないけど、バランスがとれている同居の家族。

悪いこと、正義からは程遠い… しかし、寄り添い互いに求め合うものがある。
共感することがある、それが正しくなくとも、いや、正しくないとわかっているからこそ、そうした行動をあえてやってしまうことがよくわかる。

お互い他人でありながら、他人の優しさに触れ合い、それを求める。
でも、本心は、ひっとしてすれ違っているかも知れない。そんな葛藤も描かれてる。

他人同士がそこに集まるのは、本当はそこには、そうした安らぎの場所、憩いの場所『場』が存在するのだ。

そこには傷つくのが怖い自分いたりする。慰めることは他人を通じて、実は自ら慰めているに他ならない。
傷つけなくて済むようにである。人の気持ちを理解する。それは傷ついた人を癒やすことにもなる。

全くの血の繋がりのない6名が一緒に暮らす。それは異常のことなのか?寄り添えるところが一部でもあれば、それで善しとすることも必要ではないか。
血の繋がりがあれば、それがいいとは必ずしも限らない。
でも、一緒にいると血の繋がりに対して、何かしら引け目を感じたりすることもある。
そうしたものかも知れません。

過去に比べて、今の生活が安らぎを得られるなら、肉親だからといって苦しい生活を我慢することはない。そう考えてしまう。
互いに支えて欲しいところを支えてもらえるだけで、他は何も必要ない。そんな価値観。
同居した他人同士。それは決して否定できるものではない。むしろ正しい選択かも知れません。

正解とは何だろう?

正義とは、法とは、

見ていて、涙し、何か胸のあたりが苦しくなることもあって、わかったから、もう、それ以上表現しないでと、願った。

エンドロールまでの後半の30分が、すごくよく描かれている作品でした。
「切ない」という言葉がしっくりくる。

「家族」

生物学的な家族ではなくて、通じ合う「家族」、いや、癒やされる「家族」
違うな、なんとなく「家族」ではあるけど、ホッとするところが少しある「家族」

もやもや感が心地よい。そんな映画でした。