映画や読書が好きな知人から薦められて「いま、会いにゆきます」観ました。

いまあい12003年の市川拓司のベストセラー。2004年の話題の映画。澪を演ずる竹内結子と巧を演ずる中村獅童。名作らしいのですが、全く見過ごしてました。

未来を知っていてもなお、それを選択する澪。幸せとはなんだろうか?敢えて知っていてもなお、それを選択する。

まさに命がけの選択。

「今」という「時」

まさに、愛に生きている女性なんだと思う。

悲しいけど、爽やかな映画です。

出逢い。心が揺れ動くこと。そんな出逢い。出会いを大切にしたいものです。

「言の葉の庭」も、この映画「いま、会いにゆきます」も、梅雨。
梅雨、雨が好きになりました。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。