「判決、ふたつの希望」観ました

判決、ふたつの希望」さすがにアカデミー賞。
涙しました。泣けるた。泣けたといっても感動というものではなく、
互いがなぜ、そこまでの怒りを表現するのか?
どうしてそういう裁判沙汰になるまで大きくなるのか?
そうしたいだけの根本、大元を知ると、泣ける。悲しい過去に泣けるのだ。

これまた映画でなければできない作品の仕上がり。
仕掛けがいっぱいある。
あり得ない設定。さすが、「第90回アカデミー外国語映画賞」だけのことはある。
仕掛けの内容は、あまり語るとネタバレになるので言えません。

レバノン人とパレスチナ難民との口論がきっかけに裁判となる。
些細なことで口論になる「謝れ」「謝らない」といった問題。
全くの赤の他人同士の衝突。

それが民族の対立、全国的な規模に発展するのだから、中東の問題は根深い。ユダヤ人国家のイスラエル。レバノンや周辺国に流れたパレスチナ難民。中東戦争や内紛。虐殺。
大切なものを失った苦しみ。

衝突するにはそれなりに理由があった。憎みあうには理由があった。
新しい過去の事実が明らかになっていく。そうした作品の仕掛けが面白い。
将来を考えれば過去の呪縛は一先ず認識し棚に上げ、「今ここ」で何ができるかを創造した方が良いことはわかっている。わかっていても、その過去が「許す」と言えない自分がいる。

あり得ない法廷の代理人の設定。観られたくなかった過去。
新しい過去の事実が明らかになっていく。作品の仕掛けが面白い。
エンターテーメントも好きだけど、人の心に刺さるこうした作品もまた好きである。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。