「7番房の奇跡」観ました

7번방의 선물 2013年の韓国映画。amazonで観ました。
知人の薦めで観た映画。泣ける。

7番房の奇跡

涙あり。笑いあり。

ちょっとあり得ない展開、これはないだろう…。ちょっとやり過ぎでは…というところもあります。
辻褄の合わないところ、スチエーションも確かにあります。
それは、多めに観る…そうした寛容さが必要かも知れませんね。

それでも、それでも、それでも、
どうしても胸に刺さります。

あまりにも理不尽。でっち上げ。
ハメられる。いつもハメられる人は弱い人。
でもその弱い人が、とても素直で刺さる。
私もそうでありたいと思っているからだ。
飾るのは本心ではない。「素直のまま」だから響くのかな?

泣けた。家族愛に。そして囚人たちの友情に。
囚人の7番房の人たち…確かに悪い人たちだけど、どことなく憎めない人達。

父娘との絆。溺愛する娘のことを考える父親の姿。大好きなパパを思う娘。

知的障害の父親とその後、弁護士になった賢い娘。
娘と一緒に暮らしたい父。娘の幸せを願っている父。
父娘の相互愛がとてもいい。

韓国は、冬が似合う。雪が似合う。寒さが似合う。
冒頭の大空高く飛べなかった風船。そして司法の研修生。

そういえば、私の知人もサラリーマンを辞めて、司法の道に入った人がいる。
研修生として同じように模擬法廷の研修をしているという。

必ずしも映画の終わり方はハッピーエンドではないけど、
それぞれの立場、心の動きが伝わり、まさに映画らしい映画。

わずか約2時間が、とても充実した、そして贅沢な時間だ。

映画館で鑑賞できたら是非観たい(笑)

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。