「7号室」観ました

7号室昨日のamazonで観た「7房目の奇跡」それに引き続き韓国映画を観たくなりました。「7号室」です。不思議な感覚です。

昨日の「7番房の奇跡」に引き続き、”7”にご縁のある「7号室」

ド・ギョンスの演技、確かに面白い。面白いことは面白いけど、少し残念。
というのは、あり得ないスチエーション。こんな事ないでしょ。そういうシーンがちょっと多過ぎかも知れませんね。まあ軽く見ていられれる内容であるから、そうした映画はエンタメ要素満載で、面白いかも知れません。

個室DVD店での事件。経営者は離婚して天涯孤独。閑古鳥が鳴くお店。

もちろん、家賃なんか払えやしない。当然バイトの給料も払えない。

そこに怪しい7号室が登場する。個室のDVD店。

人はパニックになった時には、どんな行動を取るのだろう?

共通の隠し場所であった「7号室」

あと、バイトの環境など、韓国事情を垣間見た感じ。
移民に対して厳しい雇用環境なのかも知れません。

なにも考えずに観るには面白い映画かも知れまん。