「累 -かさね-」観ました

かさね松浦だるま『イブニング』に掲載された漫画の映画化。醜い顔を持った累(かさね)が不思議な口紅を使って顔をすり替ていく。醜い顔の為、暗いイメージの彼女。そんな彼女には人並み外れた演技力がある。美しい他人の顔を奪いながら舞台女優として生きていく累。

そもそも口紅で顔がすり替わるという設定自体、「有りえん」と思って最初は引いてしまいますが、以外にも映画のテンポに惹かれてしまいます。

漫画はもっとストーリーが複雑なようだが、映画ではわずか2時間の作品なので、脚本によりコンパクトにまとめられている。

人にはダークとライトの双方の心がある。いけないことと知っていてもダークに染まることもある。アナキン・スカイウォーカーと同じように。心の葛藤が見事に表現された作品で、十分楽しめた映画だった。
人はそうした面が潜在的にあるから、それがマグマのように一旦吹き出すと、自制が効かずに、止まることができない動物かも知れません。

土屋太鳳が演じる丹沢 ニナの顔を盗んだ累の舞台劇が凄い。
「サロメ」オスカー・ワイルド作の戯曲。この戯曲と丹沢ニナと累の関係が重なっていく。

なかなか後味の悪い、それでいて面白い映画でした。

投稿者プロフィール

天雨 徹
天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」
ブログでは日々の気づきを中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。