008「好きなことだけやってもメシは喰えない でも好きなことをやらなかったら人生は味気ない」

好きなことだけではパンは食えん

そうなんですね。わかってはいます。「パンだけのためにライスワーク」に走るのは、全くもって「味気ない」ということぐらいは。だからこの言葉、わかるんだよなぁ~。わかっているけど、それできないことがある。確かに「味気ない」ことは十分かわるけど、でも、それでも、「人はパンなしでは生きられない」し、それでも、全く味気がない訳ではなくて、少しは味はあるから、我慢してしまういというのも事実なんだよね。

“008「好きなことだけやってもメシは喰えない でも好きなことをやらなかったら人生は味気ない」” の続きを読む

007「野球も人生も後半戦が面白い本領発揮はこれからこれから」

この言葉も、先の006「謙虚に…」と同様、私が師匠として崇めている方から、教えていただいた言葉です。その方は「しもやん」こと下川浩二さんです。
昨年、しもやんから通称「ボッタクリ手帳」を購入しちゃいました。そこで「しもやん」からいただいた言葉が、この名言だったのです。しかも、しもやんから筆文字直筆サインでいただきました。有り難いです。この言葉でどれだけ刺激を受け、そして救われたことか。

“007「野球も人生も後半戦が面白い本領発揮はこれからこれから」” の続きを読む

「Think clearly」ロルフ・ドベリ (著) 書評

Think clearly

いずれのフレーズも今後の人生に生かされることが多いお買い得な本だと思います。
ホント中身が濃くて、お買い得な一冊だ。
おすすめ度:★★★★★

理由:
これは絶対ハズレがないハズです。
Kindle版はハッチングだらけ。とにかく流石に刺さる言葉が多かった。
思考の道具箱はすでに目次に程なく散りばめられて、後はそれを実践していくことが出来ます。
なにせ52項目に分かれています。
さらに大半が認知心理学などに学術研究で裏付けられてことばかり。付録も充実している。

“「Think clearly」ロルフ・ドベリ (著) 書評” の続きを読む

「愛がなんだ」観ました

愛がなんだ

ポスターにあるように
「全部が好き でも なんでだろう、私は彼の恋人じゃない。」
恋愛映画ではありますが、観終えた後に、なんともモヤモヤ感、切なさが残る。そしてわかったことは、そうなんだ。それが大半で現実。わかる、かわる、と思わず結論付けてしまった。そんな作品でした。誰かを好きになるのは理屈ではない…。なぜ、その人のことが好きになったのか。理由などわからないかも知れない。結局、傍から見てなんであんな奴と…と思う人と一緒になっている現実を見ると、そうした複雑怪奇なものが恋愛なんだろう。

“「愛がなんだ」観ました” の続きを読む

「ROMA/ローマ」観ました

ROMA

近くのおばちゃんが、「この列なに?」「ROMA/ローマ」ってローマの休日?」
確かにおばちゃんが言うように紛らわしいタイトルですね、でも、この作品は知る人ぞ知る、アカデミー賞10部門にノミネートされ、外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門を受賞したんですよ。ローマはローマでもメキシコシティ郊外のコロニア・ローマという街の名前なんですよね。

“「ROMA/ローマ」観ました” の続きを読む

令和元年五月一日

令和

元号が変わるというのは、何か新鮮な気分になりますね。
ありがとう平成。そして、おめでとう令和。そんな気分です。

元号っていいなぁ~

って今では心底から思っていますが、昔は不謹慎にも西暦と和暦と変換するのが面倒だなぁ~などと思ったものでした。それは、昭和から平成に変わった時の印象が当時の私には、とても辛い思い出だったから。(笑)

“令和元年五月一日” の続きを読む