実に強烈なサスペンスとミステリー面白い作品、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ナイブズ・アウト

ベストセラー作家の死は自殺なのか他殺なのか。
怪しげな一族に名探偵が挑む。
密室の殺人事件、全員が容疑者、そこに登場する名探偵。
まさに推理小説を思わせるようなミステリー作品だ。
読み解き作品ではあるが、「あれ?!こんなに早く…」と、
思ってしまうぐらい途中からわかってしまうものの、
その意外性、予想外の展開で楽しめます。

最後にサプライズがあって間違いなく引き込まれます。
仕込みがあちこちに隠されていて、目が離せません。

事件の真相はどこに。真実と事実。脚本がとってもいい。
ただ、感情は揺さぶられません。
涙は出ませんが、間違いなく傑作な作品ではあります。

最初の前半は、看護師さん、家政婦さんはじめ、大家族など
登場人物が多くて、頭の整理ができない。
これは予習が必要だったかな?と、
後悔と不安もよぎりましたが、安心ください。
出来が非常に良い作品ですから。そんな心配は吹っ飛びます。

豪華な俳優陣がまたいいです。
探偵役の007のダニエル・クレイグは、やっぱりカッコいい。
キャプテン・アメリカのクリス・エヴァンスもいい。
でもそんな中で、なんと言ってもいいのは、
看護師役のアナ・デ・アルマスです。

推理作品の定番の解説タイム。
火曜サスペンス劇場では海岸の岩場。
アガサ・クリスティの名探ポアロでは、全員集合。
ただし、全体の最後で全容がわかるわけではなく、
途中で分かるというその仕掛けが鋭く斬新的です。
名探偵コナンや火曜サスペンスで
どっぷりの私のような人間には、とても新鮮でした。

オススメ度:★★★★☆
理由:普通は原作を元にした脚本はありますが、
原作無しで、ここまで完璧に仕上げるっていうのは
やはり凄い作品だと思います。
脚本賞のノミネートも頷けます。
それを肌で味わいたい人にはオススメです。

昨年末に観た邦画のミステリー作品「屍人荘の殺人」
あまりにも酷かっただけに、
こうした作品を観ると安心します。
意外な展開が次々と仕組まれていて、
なかなか良かった。
何も予備知識を入れずに観たほうがいいと思います。
観た後に納得感が半端ないから。
是非予備知識なしでご覧ください。
ただ、トンデモナイ人物が誰一人いないので、
少しパンチの効いた感じはありません。
少しどこか物足りなさが残るかも知れませんね。

こりゃ、続編がありそうな気配です。
ネタバレになるので、あまり言いませんが、
マグカップにも注目です。
是非楽しんでください。