邦画にしてはキレが良すぎる。本当に観られて良かった作品「新聞記者」

新聞記者

この作品の凄いところは、
ノンフィクションの望月衣塑子著「新聞記者」から
脚本してサスペンス作品にするところが凄い。

内閣情報調査室
の存在。多田智也演ずる田中哲司の鋭い目つき殺気づいた目つき。
主役の杉原拓海演ずる松坂桃李は、同じ内閣情報調査室。
彼の見せる家庭と仕事。その狭間で葛藤が実に良く表現されている。
ヒロインの吉岡エリカ演ずるシム・ウンギョンは、知的な感じ。
全く色気は感じないが、迫力ある演技だった。

この作品タイトルは「新聞記者」ではあるが、
なにやら「働き方」とか「生き方」「正義」といった言葉が
ピンとくるような感じでした。人間の葛藤、悔しさなど。
全部がまとまっている。
自分をどこまで正直に、
あるいは逆に、計算して打算して生きていくか。
反政府作品の色合いが濃いだけに、
観ていて、ちょっと怖くなった。
こんなことはないだろうと思いつつ、
本当にあったとしたら本当に怖い。

そして、
だからこそ大きな映画館ではやっていないのかな?
そんなことも思ったりした。
特に作品内容から森友学園や加計学園を想定する設定が、
なんとも反政府というイメージを持たれかねない仕上がり。
にもかかわらず、この難しい役の出演を承諾した
松坂桃李という俳優は若いのに大物だ。ホント凄いなぁ。
共感する部分がとても多かった。

伊藤詩織さん事件とか、上司の命令でつくったチャート図とか。
なかなかエグイ内容でもある。

『i-新聞記者ドキュメント-』も一緒に味わえる映画館。
その企画も素晴らしいと思う。

ところで下世話な内容で恐縮ですけど、
本田翼の妻役はいい。

オススメ度:★★★★☆
理由:もう一度、確認したい作品だ。これが現実なのか。
杉原の葛藤が良くわかる。本当に素晴らしい作品だと思う。
必ずしも現実ではないかも知れませんが、
もちろんフィクションではあります。
でも、ある程度当たらずとも遠からず…かも知れない。
逆に、全く現実からは外れかも知れません。
これが現実か非現実かは関係なく、胸をえぐられた作品には違いない。
ま、どんなことでも、挫折すること無く、
勇気をもって対応するってことでしょうか。
この作品を作ったのも凄い。
そう思います。何しろ奥深い。
人生は一度っきり。
「今という時間をいかに生きるか」
韓国、台湾でも上映されるらしい。
オススメです。

映画CMもなければ、何もない作品だからこそ凄みがある。
封切りしてから、観客を動員が凄かったのも納得です。
本当に見逃したのが映画館で観れて良かった。
心に刺さる作品です。