今あるものを捨て大事なものを集める…それが映画の編集だ『映画大好きポンポさん』

ポンポさん

オススメ度:★★★★☆(4.4)
理由:創作とはこういうことだったのか…うーんと唸ってしまう.こ
れは凄い.
洗練された90分.
余分な部分を切り捨てて研ぎ澄ませるとはこういうことか.
選ぶということは大事なモノ以外はすべて捨てるという作業…それが編集.
刺さりました.

軽いノリのタイトルからは,魅力というものが微塵も感じられない.
そして,あの女のキャラ,この画風….
この作品を観ようという気がしなかった.
『アフリカン・カンフー・ナチス』を見たばかりだったので,ここでまたC級映画を観る気にはなれなかった.

しかし,意外にも皆さんの評判がいいので,
観に行くことに.
それは…全く良い意味で予想を反し,
想定もし得ないクリエイティブの高い作品だった.
原作は,杉谷庄吾【人間プラモ】の漫画だという.
映画作りということが本作のメインである.
上映時間が2時間を超える長い映画が嫌いという彼女は天才プロデューサーのジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネットこと通称ポンポさん.
彼女の人の見る目は半端ない.
そこに映画好きの万年製作アシスタントの根暗のジーン.
この冴えない根暗がいいらしい.
幸せな明るい人ではいい映画が創れない.
根暗でどちらかといえば病んでいる方が,
いい作品ができるとポンポさんは見抜く.
わずか15秒のCMに自分の魂を入れる楽しさを知ったジーン.
CMに高い評価がついた彼に,初監督のオファーが….

結構,ポンポさんの発言に重みがある.

そしてジーンも撮りたいシーンを追加するとのことで,
一旦クランクアップしたのに,再度招集するところや,
追加シーンで追加の融資を工面するという銀行とのやりとり,
そして,
個人個人の心の動きなど,
とにかく,あの絵柄からは想定できないほどに表現がリアル.
それでいて話の流れも,
くどくなく洗練されて描かれている.

特に圧巻なのが,映像の編集作業.
どれも大事でそれぞれに想いのあるシーンの連続.
メイキング映像,制作の舞台裏.
スタジオで延々と作業する姿を
以前NHKのドキュメンタリーで
エヴァンの庵野監督の取材で
見たことがある.
そんな編集の面白さ,
いや難しさを
存分に与えてくれる作品に違いない.

監督の編集次第で
同じシーンでも
全く別の印象になってしまうのが
よくわかる.

何かを掴むためには,
今持っているものを捨てなければならない.
この面白さは,
限られた映画作品という時間の中で物語を凝縮することだ.
間延びしない.
どれも大事なシーン,
心に残るシーンでも,
それを削り落としてこそ,
洗練されたシャープなエッジの効いた作品に仕上がっていくのだ.

庵野監督,
ノーラン監督,
天才と奇人変人は紙一重.

心に残る名作というのは,
こうやって創られていくものなのかと思える.
そして,
この作品もぴったり90分.
無駄なところが一切無い.
テンポよくししてシンプルな作品だ.

投稿者プロフィール

天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」著者に「IEC 61850を適用した電力ネットワーク- スマートグリッドを支える変電所自動化システム -」がある.ブログは映画感想を中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。