2本分の愉しさ「THE BATMAN-ザ・バットマン-」

バットマン

オススメ度:★★★★☆(4.4)
理由:DCコミックスの
「バットマン」まさに
「ダークナイト」に引けを
とらなかった作品だっだ.
なかなか良かった.
ゴッサム・シティの市長も
そして検事も,権力の中枢は
みんな腐っている.社会秩序も
まともではない.
権力者は賄賂や汚職まみれ.
極悪人リドラー.コイツは悪だ.
でも法律を守ってさえいれば,
正義が通じるとは限らない,
DEATH NOTEの
存在を思い出す.

DEATH NOTEは犯罪では
あるものの独裁の元では
社会浄化されるのは違いない.
ブルース・ウェイン/
バットマンは方で
裁けない不正を正すのだ.

彼は父親の復讐
のためなのか.
それとも正義なのか.

ブルース・ウェインの
感情.父が犯した罪を
背負う.背中の傷.
長時間で2本分.
いや2本分愉しめた.

ギャングの悪の
ファルコーネ.
腹心ペンギンの
キャットウーマン.

善意だと思ったら,
実はそれは偽善だった.
どこまで本当に
信じていいのか.
とんでもない極悪非道な人々.

本作の犯人からの謎解き…
古めかしい気もするが面白い.

表面上は取り繕っていても,
心は悪に染まっている.
そんな人物の描写が見事.
尊敬する父親というものは
息子の前に立ち塞がる
大きな障壁なのか.

人間模様を愉しみながら
観られる作品だ.

投稿者プロフィール

天雨 徹
人財育成、技術系社員研修の専門家。名古屋工業大学客員准教授。博士(工学)。修士(経済学)。専門は「電力システムネットワーク論」著者に「IEC 61850を適用した電力ネットワーク- スマートグリッドを支える変電所自動化システム -」がある.ブログは映画感想を中心に書いている。
詳細プロフィールはこちら。
PAGE TOP